子犬のしつけはタイミングが肝心 - チワワ犬の世話としつけの方法


「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVDセット

子犬のしつけはタイミングが肝心

2007-02-19 23:56   愛犬
子犬を飼いたいと思っている人にとって、人気犬種のランキングは気になるところです。雑誌などで時々、子犬の人気ランキングを見かけることがありますが、インターネットでも簡単に調べることができます。

ジャパンケンネルクラブのサイトでは、毎年全犬種登録頭数の数値をランキング形式で発表しており、2005年のランキング1位はミニチュア・ダックスフンド、2位はチワワという結果でした。

飼い主のライフスタイルによって、飼いやすい子犬かどうかは異なります。人気のある犬種が必ずしも飼いやすい犬とは限りません。一般的には、手入れやしつけのしやすさを飼うときの判断基準にする人が多いようですが、犬の吠え声が気になる人にとっては、無駄吠えが少ない犬が飼いやすい犬と言えます。

また、最近室内飼いを楽しむ人が増えていることから、室内飼いに適した犬種であるかどうかも考慮するとよいでしょう。

子犬のしつけはタイミングが肝心です。子犬が家にやってきたらすぐに「トイレ」をしつけ、生後半年ぐらいまでには「お座り」、「待て」などの基本的なしつけを身につけさせます。

子犬のしつけのコツは愛情を持って接し、できた時におもいっきりほめてあげることです。「かわいい」からとしつけをおろそかにすると、手に負えない犬になってしまうこともあり、矯正するのに時間がかかります。

ペットブームの最中、子犬を飼う人が増えています。子犬と一緒にいることは楽しいだけではなく、生活に潤いを与え、精神的な安らぎを得ることができる癒しの効果もあるからではないでしょうか。

子犬との楽しくて素晴らしい生活を送るためにも間違いのない「犬種選び」としっかりとした「しつけ」をしたいものですね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVDセット
広告スペース